体重が減らない……停滞期の乗り越え方

頑張っているのになかなか減らない体重に嫌気がさして、何かの糸がぷつっと切れたように暴飲暴食をした経験はありませんか?
 
「今度こそ痩せてやる!」とあの時の決心は何処へやら・・・。食べているときは幸せですが現実に戻れば、後悔ばかりですよね。とはいえ、どうやって暴飲暴食を止めたらいいのか自分一人ではなかなか解決できないもの。今回は、暴飲暴食に走らずに、辛い時期を乗り越えるための対処法についてお話します。
 
 

f:id:fm-hrk328:20170915113628j:plain

 

 

その1.停滞期が来ることを理解しておくこと

 
ダイエットを始めると、これまでにないペースで体重が落ちていきます。そうすると人間の体は「このまま体重が減り続けると危険だ」と判断して栄養を体の中にたくさん蓄えようとします。
 
この働きを「ホメオスタシス機能」というのですが、この機能が働くと、食べ物を食べるときは吸収率を高め、カロリーを消費する際には極力少なく済むように調整されます。取り込むカロリーや栄養が多いのに消費されるカロリーは少ないという状態です。
 
ダイエット中の人にとっては、なんとも最悪な機能ではありますが、これは受け入れるしかありません。個人差はありますが、停滞期は2週間〜1ヶ月続くと考えたほうがいいです。
 
そもそも停滞期は、自分の体重の5%が減った時に起こります。体重60kgの人であれば3kg減ったあたり、50kgの人であれば2.5kg減ったあたりから停滞期が来ると予想できます。
 
急に体重が減らなくなったからといって、いつもより食事を減らしたり、運動を増やしたりせず、今までやったきたことをこなしていれば、必ずどこかのタイミングでまた体重が減り始めます。

これは、ホメオスタシス機能が「体重がこれ以上減っても生きていける」と理解したサインです。

停滞期はずっと続くものではないので、焦らず、落ち込まず、これまで通りに過ごしていれば問題はありません。減らないことがどうしても気になってしまう人は、停滞期の間だけは、体重計には乗らずに見た目痩せに切り替えて見るのもいいですね。
 
 
 
 
 

その2.趣味を見つける

 

停滞期の間は、なんで体重が減らないのか、どうやったら体重が減るのか必要以上に気にしてしまいがちです。そんな状態では、かえってストレスが溜まってしまい、挫折しかねません。ストレスと上手に付き合うためにも、趣味を作って楽しむ時間を作ることが大切です。ヘルシー料理などメニューを考えるのも楽しいでしょうし、新たに習い事をはじめるのもいいですね!

ダイエット中は我慢することも多く、ストレスも溜まりやすい!なので適度にストレス発散できる環境を自分で作ることが大切です。散歩したり、普段行かないお店に行ってみるのも楽しいですね。

 

 


その3.ダイエット画像を検索

停滞期が来ると、結果が出ないので「もう運動やめようかな」「甘いもの食べちゃおうかな」と自分に負けそうになりますが、そんな時にダイエット画像を検索するのがオススメです。

最近では、韓国アイドルやモデルさんのビフォーアフター画像がたくさん貼られていますし、モチベーション維持のために画像を保存して待ち受けにするのもいいですね。


f:id:fm-hrk328:20170915113812j:plain

 

 


その4.ダイエットアカウントをフォロー

普段からついつい見てしまうSNSに、一緒にダイエットを頑張っている人やスタイルのいいダイエッターさんの投稿が流れてくるので、モチベーションアップにつながります。

ツイッターやインスタグラムなど、トレーニングの知識や、ダイエット中の食事の取り方の投稿でシェアしてくれるダイエッターさんもいるので、実際に痩せた方法を集めて真似すれば、停滞期明けにグンと効果が出るかもしれません。

また、自分のダイエット関連の投稿することでダイエッターさんからいいね!がもらえるので、自分と同じように頑張っているダイエッターさんたちと繋がれて楽しいですね!一人で頑張るよりも仲間がいると思えば、続けられそうですよね。

 


その5.停滞期を乗り越えた自分へのご褒美を決める

停滞期はどうしても気持ちが下がりがちです。「体重が減らないから楽しくない。今まで通り食事も運動も頑張っているのに減らないんだろう。」と諦めそうになりますが、自分へのご褒美を決めておけば停滞期を乗り越えられます。

例えば、停滞期が明けたら少し高いお化粧品を買いに行ったり、新しい下着を買ったり、ネイルサロンに行ったり、頑張って乗り越えた自分をさらに綺麗にしてくれるご褒美を決めましょう。停滞期が超えてからも楽しくスタートできます!


いかがでしたか?ダイエット中の停滞期の対処法を知るだけであなたのダイエットが成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。何度も痩せては太ってを繰り返していては体にも負担がかかりますし、精神的にも辛くなってきます。ぜひ活用してくださいね。